W20-30ZR

ウォーキーリーチスタッカー

あらゆる倉庫スペースに対応する機動性

モデル
W20-W30ZR
積載量
910-1360kg

電動パレットトラックのHyster®ウォーキーリーチスタッカーシリーズは、トレーラーからの荷役、港湾作業、保管まであらゆるマテハン作業で、ウォーキーの運用コストでライダー並みの作業量と生産性を提供します。

  • ダウンタイムの削減
  • 低運用コスト
  • 生産性の向上
  • 性能オプション
産業部門

‐ 食品販売と加工 ‐ 倉庫と3PL ‐ 卸売販売 ‐ ホームセンター ‐ 小売と Eコマース (DC/フルフィルメント) ‐ 小売業 ‐ 家具やインテリア ‐ 自動車部品販売 ‐ ヘルスケアと製薬業

見積開始

製品情報やお見積もりをご希望ですか?まずは、用途についてお聞かせください。弊社ソリューションチームより折り返しご連絡の上、具体的なご要望をおうかがいしてお見積もりを作成いたします。

CTA必須 見積開始

歩く。積む。完了する。

港から倉庫までの全工程に。

ダウンタイムの削減

複雑さとアクセス性が原因となって発生した点検作業による予定外のダウンタイムや想定外のコストとは無縁のZRシリーズ。

  • マルチ機能ディスプレイ(オプション)は、バッテリーの充電状態を一目で確認できる高輝度LEDライト4個を装備。また、トラックの走行時間、故障コード、リフト中断警告も表示されます。
  • 診断情報は、携帯プログラミングツール(オプション)、またはコントローラーに設置のLEDインジケーターで確認できます。配線すべてタグ付けされており、素早く簡単に回路を判別することができます。
  • バッテリーローラー(オプション)と楽に着脱できるサイドゲートで、稼働時間を最大限に、素早く簡単なバッテリー交換が可能です。
  • 「ノックアウト式」ロードホイールアクスルで、迅速かつ簡単なメンテナンスと交換作業を実現します。
低運用コスト

W20-30ZRシリーズは、スペースの利用率と生産性を向上させつつ、運用コストの削減も実現します。

  • VISTA®マストとパンタグラフによるリーチ機構は、多様な荷役処理を可能にします。最大伸長24インチ、最大許容荷重3,000lbs、棚高さ14フィート以上に対応しています。
  • 旋回、走行、昇降、段差のある路面やドックプレート上の走行など、揺るぎない安定性をお届けします。
  • マスト構成は、2段の限定フリーリフト(LFL)または3段のフルフリーリフト(FFL)、14フィート以上の棚4段の高さに到達できます。
  • シリアル通信とソリッドステートスイッチは、はんだ付けによる配線接続で、信頼性と稼働時間を向上、メンテナンスコストを抑えます。
生産性の向上

Hysterウォーキースタッカーシリーズは、パレット作業サイクルを最大化、ウォーキーの運用コストでライダー並みの作業量と生産性を提供します。

  • 金属酸化物半導体電界効果トランジスタ(MOSFET)によるトラクション制御と他励式モーター(SEM)が、バッテリーの寿命を向上させ、積載時の最高走行速度と加速性を向上させます。
  • 人間工学に基づいて低位置に設置したステアリングハンドルによる簡単操作、指先操作で均一な昇降、移動速度と方向の制御、サイドシフト(オプション)により、より簡単かつ正確な荷役作業を実現、生産性を向上させます。
  • ZR-Reachシリーズは、クリープスピード「低速」ボタンを装備、狭い場所での操作が可能です。
性能オプション

オペレーターが選択可能な性能モードにより、加速、減速(ニュートラルブレーキ)、最高速度が異なる3つのプリセットユーザー設定を選択できます。最新のHysterウォーキースタッカーシリーズでは、従来より簡単に用途に合わせて性能をカスタマイズできるようになりました。

モード1:エコノミーモード(バッテリーセーバー)によるソフトな加速。自動減速は「高」に設定され、最高走行速度を遅くなります。
モード2:自動減速を中加速に設定。自動減速は「高」に設定され、最高走行速度を遅くなります。
モード3:自動減速を「低」に高加速に設定。自動減速は「低」設定となり、最高走行速度は最速になります。

モデル 積載量 リフトの高さ バッテリー容量 重量
W20ZR 910kg 3124mm 24V / 510Ah(V/Ah) 1552kg
W30ZR 1360kg 3124mm 24V / 510Ah(V/Ah) 1552kg

Excepteur quis

In in duis.

Elit, exercitation eu in adipisicing mollit velit non consequat, laborum. Enim minim ad reprehenderit occaecat magna amet, ea commodo veniam. Lorem aliqua, esse minim dolor in quis deserunt laborum, voluptate. Ipsum in qui labore ex exercitation irure excepteur veniam, do. Excepteur deserunt ut reprehenderit in consequat, sint minim aute ad. Fugiat eu voluptate labore nulla in ullamco officia tempor qui. Velit cillum reprehenderit incididunt deserunt irure commodo nostrud fugiat et. Id dolore eiusmod incididunt occaecat consectetur adipisicing sint anim esse. Proident, deserunt aliquip in dolore non sit elit, enim consectetur. Minim voluptate ullamco ea esse ut aute dolor laboris do